FGOについての見解(※個人の感想です)

なんかすげぇアクセス数増えていて、まあとりあえず書いておいた方がいいのか?ってことを書いておきます。不明点はコメで指摘くださいまし。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

1:サーヴァントに強い弱いが無いってどういう意図で言ってるの?

 

わかりやすく?言うとジョジョのスタンドと同じ原理。

『プレイスタイル』『戦略』『やりたいこと』『試したいこと』『各のスキルや盤面の状況』『宝具が撃てるかどうか』『体力状況』『敵のチャージ』『バフデバフのかかり具合』

色んな要素が絡んで局面は動きます。

そしてそれぞれのサーヴァントには、得意なこと、苦手なことがちゃんとあります。どんなに強い(と世間的に言われている)サーヴァントでも、必ず苦手なことは存在します。

あの最強と名高いマーリン・孔明ですら高難度グガランナでは瞬殺だったわけですし。クラス相性は乗り越えられない壁です。

それらを加味すると、貴方が『弱い』と思っている運用や使用法は、誰かによっては『強い』『使い甲斐がある』切り札になるかもしれません。

ついでに言うと、『周回』なのか、『種火』なのか、『高難度』なのか、あるいは『攻略』なのか、でも求められるサーヴァントは限りなく変わります。

なので、『強い』『弱い』と言う表現自体がそぐわないことが多いんです。

(かと言って「使える」「使えない」と言われてもなあって方はいると思います。ついでに、この議論自体にも『キャラ愛勢』『性能厨』『周回ガチ勢』等、派閥がたくさんあるので適切な表現を探すのは難しいと思います。どれが間違いとかはないのです!なんで叩きが怖いとかひよる訳ではないんですが、基本的には『どの子も差はあるけど強いよね』と言いたいし言ってもらいたいんです)

 

敢えて自分のサーヴァントを落とさせることが有利になるかもしれません。

逆に、無敵や回避を張って守る選択もあるかもしれませんし、運頼みでそのままとか、バフ盛ってやられる前にやるとか、選択は限りなく多くなるはずです。

 

誰かが「アーラシュは自滅するけど宝具火力が高くて強い」と言いましたが、別な誰かは「アーラシュは種火周回ならまだしもバフらない限り火力も高くないし自滅するから、それに枠を裂くのはもったいない」と言いました。

どちらも正しいので意見として両立します。しかしここで「自滅するけど火力は高いぞ!」と後者に話をしようとすると、噛み合わないんです。

後者は『種火周回時以外のアーラシュ』の話をしていて、前者は『種火周回も含めたアーラシュ』の話をしているからでしょうかね。

そう言ったわけで、サーヴァントに強い弱いの概念と言うのは基本的には存在しないと思います。

 

ちなみに以前、語弊を恐れず言えば弱いサーヴァントはいると書きましたが、それはこうした考え方からの記述です。貴方の持っているサーヴァントを弱いと言いたい訳じゃないんやで!

不ャスターを弱いと言ってる方とかはカタログスペックと周りの意見、ストーリーのクソムーヴ(よく考えたら納得出来る立ち回りではあるものの……)で悪く言い過ぎてない?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

2:そんなこと言うけど、強い鯖弱い鯖はあるでしょ

 

極論言えば、あるよ。あるけどさっき書いた通り、プレイヤーやクエストそれぞれで違うから定常化は出来ないよ。

逆に、プレイヤー1000人に聞いて1000人全員が『こいつは弱いよ、絶対弱いよ、どうやっても使いどころが見つけられないよ』と言うなら、それは弱い鯖かもね。 そんな鯖いないんで、弱い鯖は存在しないんですけどね。

 

みんなが不遇だ不遇だと言う術ジルすら、聖杯入れたりスキルマしたりで今も運用してる方はいますからね。

そう言う方は『不遇だ』で議論を終わらせずに、『不遇だけどジルにはこれが出来る』を見せてくれているわけです。私にはとてもじゃないが出来ない。出来ないから、弱いだなんて非難する事は絶対に出来ない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

3:お前の鯖弱くない?

 

弱くない。

マリーだって不ャスターだっておっさーだって、フィンだってヒッジだって、アマデウスだって。その他私が好んで使う鯖達、みんな弱くない。

でもたぶん強くもない。

強かったらもっと周りに評価されてるからね。まともに強い認定されてるのはマーリンさんくらいだろうか。

ただひとつ言えるのは、あんま周りの評価を気にせずにパーティ組んでるってことですかね。前は弱い!と周りから言われるとヘコんでたんですが、今はさほど気にならなくなりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

4:弱い鯖は叩かないと強化来ないんだから無様に擁護してないで叩け

 

こういうのが一番愚か。運営に意見を送るとか、弱い鯖なりの運用を見つけだすとか、そう言う努力もせずにネガキャン。バカかよ。

 

好きなものを叩くなんてあまり良いとは思えないですしね。出来ればターン数が減ってくれれば……とか、倍率が上がれば……とかはありますけど。

そして弱い弱いと叩いたところでロクな強化をもらえなかったフィン(千里眼は強いがアレで茶を濁せたと思ったら大間違いだからな?)を見ると、そんなん嘘でしょって思うわけで。

なによりマリーに2年強化を与えてないんだぜ?あんなに火力出ない、役割持たせられないって色んなところでぼろくそ言われてるのにだぜ?

運営にご意見送ってる人が何人いると思ってるんだ……。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

5:俺の鯖弱くない?

愛があればどんな鯖だってレベル100になれるゲームだよ。弱くない。

ただレベル1とかだとさすがに脆いかもしれない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

6:周回性能って大事?

 

ゲームはほとんど周回必須なので、基本的には大事。ただし私のように周回速度が落ちても使いたいサーヴァントでクエストをやりたいと言う方もいるので、その辺はケースバイケースっすね。

周回が得意なサーヴァントもいるけれど、それを使うか否かは最終的にプレイヤー次第。

ちなみに私はアーラシュさん、一度も使ったことないです。強いんだってね、この人?ってレベル。それを聞いてもったいねえ!と思う人もいれば、分かるわーって人もいると思いますし、その辺がプレイヤーの多様性だなぁと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

7:とか言いながらお前、前に不ャスター弱いって書いてるじゃねーか!

 

それはごめんて。

私だってね、言わなきゃいけないことはあるんだよ。その辺は記事内でも書きましたけど、不ャスターは普段使いには相当気を使う鯖なんだよ。

お世辞にも強いとは言えません。ただ、条件が揃えばめちゃくちゃ強い

本当は弱い以外の表現がほしいんだけど、文章じゃこのニュアンスが伝わらないですし、何より普段は強みを感じることがなく周りから弱いと判断されてやむなし……と言う理由が理解できているので、分かりやすく書きました。

ただ使うよ?私は使うけどね?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

超私的おそ松さん各呼び方呼ばれ方まとめ(暫定)

○自分用にまとめたもの

○本編および映画、一部ソシャゲ、小説を含む(CD未聴)

○一回しか呼ばれていないものは特に注記

○シチュエーションコントのような特殊な状況下のものも一部まとめた(『旅館』のような完全別キャラは除く)

○何回か見直してるから合ってるはずだけど間違ってたら直す

 

4/22 ちょいちょい本編ネタとか、拾ったネタとか追加。関係性に付いてとかも追記

4/29 最終話のチョロちゃんがあるじゃん……ってなったので追加とか色々

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

長兄 おそ松

○一人称

俺(ほぼ全編、公式表記で漢字の俺/学生時代から変わらずの模様)

僕(対父母/2期1話少年時代も僕)

私(『なごみ探偵おそ松R』での表記/『デリバリーコント』つるの恩返し)

お兄ちゃん、兄ちゃん(自分を表す際に使用)

 

○二人称

カ→カラ松

チ→チョロ松、シコ松(『事故?』以降)/チョロさん(『なごみ探偵』)

一→一松、いちまっちゃん(2期以降)

十→十四松/十四松君(『十四松祭り』)

ト→トド松、トッティ(『五人の悪魔』以降)

他→にゃーに「レイカ(漢字不明)」と言ったことがある。

  他人に対しては「お前」「お前等」、「テメー」なんてのも。

 

○三人称

あいつ、あいつら、あの野郎(人物、兄弟などをまとめる時)

 

○そのほか

ギャンブル好き・酒も女も好き・クズでニートでエロい感じ……とはっきりした特徴があるものの、弟達からは『キャラが薄い』『プレーン』と思われており、ちょっと気にしている(『超洗剤』)。

チョロ松に対する呼び名が豊富で、「自家発電三郎」(『事故?』)、「ライジンシコースキー」(『チョロ松ライジング』)など蔑称多数。

『えいが』のある場面で登場したトド松への呼び名は『トーティ』。元ネタ基準(マーティ)である模様。

F6は「僕」/じょし松では「私」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

次男 カラ松

○一人称

オレ(ほぼ全編、公式表記でカタカナのオレ)

ボク(対父母、幼少期、学生時代/表記不明。気弱と言う性格設定なので、ひらがなの「ぼく」の可能性も)

 

○二人称

お→おそ松、ブラザー、長男(一部の場面で)

チ→チョロ松、ブラザー

一→一松、ブラザー

十→十四松(発音が「じゅうしまぁつ」の時もある)、ブラザー

ト→トド松、トッティ(『五人の悪魔』以降)、ブラザー

他→普段はキザな口調だが、『五人の悪魔』を始め六つ子コンビネーションを使う時は荒れる模様。

  ある人物のことを名前で呼び、「オレの女」と言ったことがある。(『えいが』)

  また、相手を『カラ松ガール(ガールズ)』『カラ松ボーイ(ボーイズ)』と呼ぶ。本編中で自称したのは一松のみ。

 

○三人称

他人に対してもボーイズ、ガールズ認定して呼んでいることがある。

 

○そのほか

普段はクールを気取っているが、次回予告や『カラ松とブラザー』から分かる通り、時々感情的になる。

本編を通した中で、もっともあだ名のない人物。ふつうに名前で呼ばれるか、『クソ松』と呼ばれるか程度である。『チビ太とおでん』ではチビ太に髪の毛を刈り取られた上で「カラ坊」と呼ばれていた。

『えいが』では18歳時点で自身を「ボク」と呼んでいるが、対兄弟の会話では「オレ」に変わっていることから、場面によって使い分けていた可能性がある。

『サマー仮面』『カラ松タクシー』などは一人称が「私」。

F6では「オレ様」/じょし松だと「アタシ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

三男 チョロ松

○一人称

僕(ほぼ全編、公式表記で漢字の僕/対父母、幼少期、学生時代も同様)

俺(1期序盤は「俺」固定だった/突っ込みや怒っている時)

私(『トト子なのだ』を始め、『なごみ探偵』『チョロ松先生』などでも見られる。わたし、わたくしで読みはブレあり)

チョコ松(『バレンタインデー』で改名したいとまで言った。最終的にチョコ松になった)

 

○二人称

お→おそ松、おそ松兄さん、長兄(クソ長兄)/おそ松君(『なごみ探偵』)

カ→カラ松、カラ松兄さん(稀に)

一→一松/一松博士(『トド松のライン』)、闇松(『チョロ松と一松』)

十→十四松/十四松さん(『面接』)

ト→トド松、トッティ(『五人の悪魔』以降)/ドライモンスター(『五人の悪魔』)、お前さん(『トド松のライン』)、トド松くん(『えいが』)

他→対兄弟には「お前」が基本だが、対一松かつ二人きりだと敬語に変化。

  他人には「君(君達)」や「お前(お前ら)」、女性には「ちゃん」付け固定。

 

○三人称

状況によって変動するが「あの人(あの人達)」や「彼(彼ら)」のような呼び方が基本

 

○そのほか

次回予告でキャラチェンジを目論見た結果「チョロりん」になったことがある。

蔑称「チョロシコスキー」を自分から使ったことがある(『ダヨーン族』)

対一松は二人きりだと敬語になる。しかし名前は初期からちゃんと呼んでおり、二人きりの時でも名前は呼べている。逆に一松からはまともに呼ばれることがない。

1期では説明や突っ込みなどの場面が非常に多く、台詞がその分多かったり、本人にスポットが当たりにくかった。メイン回が初めて回ってきたのも1期2クール目、『事故?』である。2期ではやや扱いがよくなったように見えるが、自らシコ松をネタにするようになりよりボケ側の位置に近付いている。

本編を通してナレーションや司会のような立場の場面が多い。(『戦力外通告』『トト子の夢』など)

F6、じょし松共に「私」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

四男 一松

○一人称

おれ(ほぼ全編、公式表記でひらがなのおれ/学生時代も変わらず)

ぼく(対父母、幼少期/表記不明)

俺(『たび松』などの一部ソシャゲなどで見られるブレ表記)

私(2期1話『ちゃんとした一松』の一人称)

 

○二人称

お→おそ松兄さん/おそ松(『一松事変』)

カ→クソ松(デフォルト。他『GAME』などでも)/カラ松兄さん(『たび松』で確認)

チ→シコ松(1期。基本的に「こいつ」「おまえ」呼び)/チョロ松(『キャンペーン発動!』)、チョロちゃん(『地獄のおそ松さん』)、チョロ松兄さん(小説)

十→十四松/十四松君(『えいが』)

ト→トド松、トッティ(『五人の悪魔』以降)/トド松きゅん(『えいが』)

他→他人に対して「あんた」(『クリスマス』)

  トト子には「トト子ちゃん」固定

 

○三人称

あいつ、あいつら、こいつらなど

 

○そのほか

『風邪引いた』で全員に「一松様」と呼ばせている。また『就職しよう』などからも分かる通り、人の上に立つのが得意らしい。

実は対チョロ松で名前を呼ぶことが非常に少なく、1期は最終回の「シコ松」のたった1回しかない。まともに名前を呼んだのは本編中だと『キャンペーン発動!』だが、これはおそ松へ注意をする流れで呼んでいるため、正確にチョロ松本人を呼ぶ為に名前を呼ぶことはほぼ無い。

十四松とよく一緒にいると言われていたが、その実『十四松と概念』のような十四松の突飛な行動には怯えて逃げ出す様子も確認されている。

将来なりたいものは『獄卒』(『チョロ松と一松』)と言うものの、どこまでが事実かは分からず、少なくとも『友人は必要ない、だって兄弟のみんながいるから』と考えており、エスパーニャンコに対してふつうに「……ごめん」と謝っている辺りノー闇とトド松に煽られている(『事故?』)。

F6だと「俺」/じょし松は「私」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

五男 十四松

○一人称

ぼく(ほぼ全編、公式表記でひらがなのぼく/対父母、幼少期も同様)

おれ(『OSO』を始め1期序盤)

おら(『デリバリーコント』)

 

○二人称

お→おそ松兄さん/おそ松博士(『十四松祭り』)

カ→カラ松兄さん、兄さん

チ→チョロ松兄さん/チョロ松くん(『えいが』で一瞬だけくん付けする)

一→一松兄さん/兄さん(『五人の悪魔』)

ト→トド松、トッティ(『五人の悪魔』以降)/ドライモンスター(『えいが』)

他→『彼女』には「あの子」「彼女」呼び。栄太郎には君付けしていた。

  ヒジリサワ↓ショウノスケ↑ダー!

 

○三人称

みんな、君、君達など

 

○そのほか

『風邪引いた』で全員を十四松化させた。ちなみに今は亡きアプリ『しま松(ニートアイランド)』では『全員十四松』シリーズと言う衣装がガチャ排出されていた。

『希望の星、トド松』では「勃ッティ」となり股間が治まらなくなった。これは2期『夏のおそ松さん』でも出てくることから、女性への耐性が薄い可能性が示唆されている。

なお担当声優:小野氏の雑誌インタビューによると、「ボゥエ!」の元ネタは『餓狼伝説シリーズ』のテリー・ボガード(のやられボイス)。

F6でも「ぼく」/じょし松は「アタシ」?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

末弟 トド松

○一人称

ボク(ほぼ全編、公式表記でカタカナのボク/対父母、幼少期、学生時代も同様)

トッティ(『バレンタインデー』等、一部で自分をトッティ呼びする)

 

○二人称

お→おそ松兄さん、バカ/おそ松(小説)、おそ松兄ちゃん(『えいが』)

カ→カラ松兄さん

チ→チョロ松兄さん、シコ松(『事故?』)/チョロ松兄ちゃん(『えいが』)

一→一松兄さん、闇松兄さん/スーさん(『トト子の夢』中の映画)、猫松(『事故?』)、店長(『BANANA』)イチ(『えいが』)

十→十四松兄さん/十四松(『事故?』で一度だけ呼び捨てにした)

他→イヤミに対し「鬼!悪魔!人格者!高額納税者!」と野次ったのはトド松。なんで最後ちょっと誉めたザンス?

  他人に「キミ」等、柔らかい表現が多いが、キレた時は「オマエ」「テメェ」等になる模様。

 

○三人称

みんな、キミ達、など柔らかい表現が多い

 

○そのほか

唯一スマホ持ちで交友関係が広い。しかしスマホに関してはいつの間にか所有しており、いつから持っていたのか、金はどこからでているのか、兄弟は何も知らない。(『トド松のライン』)

兄五人のことは「恥ずかしい」と思っており、存在はずっと隠していた。後にバレた。(『五人の悪魔』)

2期に入ってからは順調に突っ込みや説明台詞を減らしたチョロ松の代わりに突っ込みを担うことが多くなり、その果てに逝った。(『トド松、逝く』)

F6でも「ボク」/じょし松は「私」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

(この記事は現在も精査中です)

今後書く予定のもの(暫定)

FGO関係

鯖紹介シリーズ、サボってるのでそろそろ

エジソン(最優先)

その後は土方、ノッブ、狂ノッブ、おき太らへんから。

 

○松

ちまたで噂のクソゲー(Amazonレビュー☆2)を買ってしまいました。

ほんとにクソゲーだったらレビューします。あんまクソゲーじゃなかったらレビューしないかもしれない。

 

○書き物系

場に出しても怒られなさそうな書き物をいくつかやってます。

暇ならこちらでも出します。

近況(春)

びっくりするほどなんもねぇ。

 

○『えいがのおそ松さん』、北海道でも大ヒット?上映中。

4回行きましたけど4回全部楽しい映画は初めてですね。細かいネタ拾いながら何回でも見られるぞこれ。そして前説が毎週違うのがオタク泣かせ。行くよ。バカ野郎行くよ。

やっぱり……カラ松をこう……うん……(ネタバレに付き自重)……ほんま最高やな!!そしておそニキは相変わらずおそニキだったし、だからこそおそニキなんだよな(????)

『チビ太』回でしか印象なかったチョロ十四の組み合わせ、やっぱ普通に面白いなぁ。トド松と一松の絡みもそんなに見た記憶なかったんですけど、今回はばっちり楽しめます。

今回の収録、曰く「2日で全部録った」らしく、全員疲労困憊だったそうで。

(こういう裏話が面白くなってくるのも周回勢故なのか。今まではそう言う話あんま興味無かったんですけどね)

チョロ松役神谷さんが「僕は持久走とか苦手、スタッフさんが『大丈夫です神谷さん!明日集合一時間早くしました!』って言われてもなんも解決しない」みたいな話してて(確かan・an)面白かった。あとトド松役入野さんが「開始十分以内でめちゃくちゃキレるシーンがあるけどそこで声枯れるほどキレた」とか、「裸チョップは中村さん(カラ松役)が喜ぶから頑張った」とか言っててもうこっちはクサ生えまくり。

 

でも今回一番の収穫は十四松が突っ込み役を担えるということでした。オッタマゲーナ!

 

○Huluに入った話

だもんで、松ブームが未だ終わらない私はHuluくんでおそ松さんを周回プレイしています。たまに衛宮ごはんとか見ながらですが。

ショートストーリーは初見だったので楽しみながらみました!リズムとかは結構攻めた作品で、ああいうの出来るのがDVD特典の強みよな……と思ったり。

 

○祝“ハリウッド”ストーカー市川さん、水曜日のダウンタウン出演。

思てたんと違う出方でしたが、あれはあれで美味しいでしょ………と言うやつ。と言うかなんなの市川さん、ナニしに行ったの市川さん。

最終的に『ストーカー市川はもっといらなかった』言われててこちとら笑い疲れましたわ。

 

けものフレンズ3の話

未だなんか怖い話が飛び交うけものフレンズですが、なぜかけもフレ3公式からTwitterをフォローされました。

謎、と思いましたがもしかしたら、本当にもしかしたら、彼らは面白い、優しいけものフレンズ3を作ってくれるのでは?と期待することにしてます。

やっぱ何事も最初は見ないとね。うん、うん……。

あと、これ書いてる時にはデスチャコラボも始まってるんですが、フェネックがどえっちすぎやしませんかと問いたい。これでは全年齢に出来ないのだ!

アライさんはあの絵になっても可愛い、サーバルはちょっと別人感漂っている……それにしてもフェネックフェネックよぉ!どえっっっっっっちだろ!!

 

○そんでけもフレ2の話

 

けもフレ2の全体感想はまとめようかどうしようかめちゃくちゃ悩んでます。以前勢いだけで9話まとめ(と優しい世界表現への批判)を書いたけど、それで晴れるモノもなかったし。

呪詛兄貴達ほどのダメージはないんで、まあ自分が思ったことを言語化出来そうにはあるんですけど、何て言うかうーん。もう言いたいこと言い尽くされたし、今更言う必要もないかなぁって。

いやあるんですよ?あるんです。少なくともあそこでようジャパ流すのはあかんやろとか、サーバルとかばんの過去考えてないとかはそれオフィシャルで言っちゃダメじゃねとか、ね。

 

○もう二度と来るなよカーマ

FGOくん、反省するように。

ロード地獄で心が折れまくったせいで、ストーリー一通りクリアして放置しちゃいました。なんとかクリアできてよかった……。いや、マジで最初クリアも出来ないかと思いましたよ。

ちなみに石がたくさん来たので不ャスターを宝具5にしたかったんですけど、アサエミが宝具7になって終わりました。チクショウ!

 

○なんやポププラおもろいやないけ!

ポプテピのゲームと聞いて始めたんですけども、なかなかやるじゃない……。

つか石丸さんって吹き替えでジャッキーチェンやってる人だよね!?なんでこんなクソゲーに!?女版はなんだこれ、キルミーベイベーのコンビか?

やっぱ自分で操作する必要ないっていいね、今の社会に求められているゲームまっしぐらなのかもしれんぞこれ。ただ☆5装備は全く出ませんね。さすがやで。竹のやつら、確率操作してんちゃうか?天井つけぇや?

 

○こころはゆるキャン△

アニメ一気に見たおかげでゆるキャン△にハマった私は、漫画本を一気に七冊買うと言う暴挙に出たのだった。

いぬこ可愛くない?本当に可愛すぎる。一緒にキャンプ行きたい先輩第一位だわいぬこ。いや、実際は後輩なんだけど、後輩っつーか多分教え子くらいには年齢離れてるんだけど。

「何しとるん?はよ行かんとぉ、日ぃ暮れるよー」って言われながらキャンプへの道をいぬこと一緒に歩きたい。私はそうしたい!!!!いぬこかわいい!!いぬこかわいい!!

 

 

【ネタバレ無し!】『えいがのおそ松さん』を見ようかどうしようか迷っているキミへ

なかなか自分の好きな作品を強くおすすめすることってないんですけど、あのね、とにかくね、もう、ね、

 

見て。何も言わず『えいがのおそ松さん』見て。

 

ここでは、そんな『えいがのおそ松さん』を見て欲しい気持ちをネタバレすることなく発散します。

 

~視聴前の疑問を解消するコーナー~

 

①あのさー、見てみてって言うけど、俺アニメのストーリー知らないよぉ?つーか『くん』も良く知らないんだけど?まあ見たところで覚えらんないけどねー、あははは!

 

……と言うそこの、おそ松兄さん、大丈夫です。

今回のストーリーは完全新作なので、話は繋がってません。さらに、映画の序盤中盤を見れば『こいつだいたいこんなやつか~』と何となく分かるようになってます。

適当に映画館をぶらっとしてれば多分ポスターとか掲示品もありますし、誰が何番目の松で何色がテーマカラーか?が分かりやすくなっています。

興味があればレギュラー放送版も見る、位で問題ナッシング。

 

②待て、カラ松ガール。さすがに完全新規が映画から入るのは難しいんじゃあないか?フッ……ここはオレが、ハートウォーミングなソングを歌うべきでは……?

 

……と悩む、カラ松兄さん。大丈夫です。

おそ松さんの沼はいつでもキミを待っています。近年では、なぜか配信が終わったはずのアプリの設定資料集(生き返れしま松くん)が出るほど熱気もあるため、ファンもウェルカム体勢バッチコーイ!なのです。

そもそもがギャグアニメなのでそんな細かいこととか気にしなくてええんやで。

(※勿論見ておいた方が細かい部分が分かるというのはあると思いますが、この映画単体でも充分楽しめます)

おそ松さん自体が結構派生作品やマンガなどで広まりまくっているため、各自の知識の偏りもあります。全部を知ってるのはもはや監督だけでは?

だから、映画からでも、問題ナッシング。

 

③いやいや、そうは言うけど、結局豪華声優の無駄遣いとかなんでしょ?そう言うのヤなんだよねぇ僕。声優で釣るとかさ。もう騙されないぞ。

 

……と疑うチョロ松兄さん、いや、名前かチョロ松兄さん、どういうことだチョロ松兄さん。

と言うわけでざっと六つ子の声優陣を紹介(敬称略)。

長男おそ松(赤)→櫻井孝宏(『コードギアス』のスザク、『D.Gray-man』の神田ユウ等。お世話になった人多そう)

次男カラ松(青)→中村悠一(『ガンダム00』のグラハム・エーカー、『ディバインゲート』のアーサー。ブレイブルーで良く聞く声だぁ……)

三男チョロ松(緑)→神谷浩史(『ガンダム00』のティエリア・アーデ、『夏目友人帳』シリーズの夏目貴志、『物語』シリーズの阿良々木暦等。クールごとに無職になる、とは?)

四男一松(紫)→福山潤(『コードギアス』のルルーシュ、『暗殺教室』の殺せんせー等。よく一松は難しいと話題に上げる)

五男十四松(黄)→小野大輔(『デュラララ!!』シリーズの平和島静雄、『ジョジョ』の空条承太郎等。声優界三大小野のひとり)

末弟トド松(桃)→入野自由(『キングダムハーツ』シリーズのソラ、『アイシールド21』の小早川瀬那等。何を隠そう『千と千尋の神隠し』のハクも彼である)

ちなみに全員2012年放送のアニメ『しろくまカフェ』に出演しているので、見てみると割と面白い。

→この件、入野君も『カピバラキッズ』で出てるそうなんですけどなぜか見つけられないのでwikiって。

 

ヒロイン・弱井トト子役の遠藤綾さん他、お父さんお母さんも出てる。メインキャスト全員松で再会してる。なお、神谷小野曰く、「えげつない下ネタの話をしてから遠藤に話を振るのはしろくまカフェからの伝統」とのこと。そんな伝統!投げ捨ててしまえ!!

 

そしておそ松さん×しろくまカフェコラボ実現へ……(5月22日発表)

 

こんなメンバーがレギュラーで毎週くっそくだらないことしてたのがアニメで、そこへ笑いと感動も付け足しちゃったのが『えいがのおそ松さん』だ!元から無駄遣い……?えっ、どゆこと?

突然芸能人が声優に挑戦!みたいなのもない(※レギュラーシーズンの二期では照英さんが出た)から安心してくれ、問題ナッシング。

 

④ひ、ひとりで行くのはちょっと……おれみたいなゴミが見に行って楽しめる映画かわかんないし……そもそも男一人とか、邪魔じゃないか気になるし……。

 

と心配する一松兄さん、大丈夫です。

実はひとりで映画に来る人は普通に多い。かく言う筆者のおねえさんもひとりで見に行ったぞ☆死んだ目をして家でこれ書いてるゾ☆

今回の映画は『ちょっとおふざけな映画が見たい!』『とにかく何も考えたくない!』『あーもーやだやだ働きたくない!』『でもちょっぴり涙も出したい』と言う方向けかもしれません。

たっぷり笑えてたっぷり泣けます。エンタメ一級品であることは間違いないでしょう。

また、意外かもしれませんが男性ファンも存在します。実際、映画館内でも男性を複数名見かけました。

君は邪魔じゃないぞ。問題ナッシング。

 

⑤野球はするの?

 

十四松兄さん、野球はしないよ。

 

⑥いい年こいたおっさんお姉さんがアニメ見るなんてどうかと思うよ~?そんなことより、ボクとス○バ行かない?

 

……なんて考えのトド松、いや、トッティ。大丈夫だよ。

(※トッティと言うのはトド松のあだ名。本編中でも呼ばれるので、これは覚えておこう!)

アニメはみんなの心を優しくしてくれるんだ。それに普段はひとりでアニメを見てる人も多いでしょ?こういうことがあると、自分と好きなものを共有出来る人がたくさんいるんだ、って嬉しくなるでしょ?

まぁ気持ちは?分かるよ?だって

二十歳を越えても無職童貞、お先真っ暗だけどセラヴィ!なダメ人間が六人いるギャグアニメの映画化だもんね。

だけどギャグアニメだから、細かいことは気にしなくていいんだ。誰でも楽しめるアニメになってるよ、多分……好みがあるからアレだけど……。

ただ、少なくともボクは見に行って正解!って思うかな。

特に『青春と言う言葉に色んな思い出がある』『学生時代に後悔したことがある』『今の自分に悩んでいる』、そんな大人に見て欲しい作品でした。

 

「えいがのおそ松さん」公式サイト 2019年3月15日(金) 全国ロードショー

公式サイトの雰囲気なども見てみて、興味があったら是非見てみてね。

 

⑦野球はするの?

 

十四松兄さん、野球はしないよ。

 

⑧……とは言うけど、キャラクターのことがぜんっぜん分からない状態で見に行くのはマジ無理、ほんと無理。

 

と言うあなたのために!①から⑥まではキャラのイメージを反映したせりふ回しになっているぞ!(書きながらくっそ寒いかな?と思ったけど、かまうこたぁねぇ!やっちまえ!)

wikiを見るのも面倒だと思いますしなんかめちゃくちゃいっぱい書いてあるのでざっくりまとめます。

おそ松→子供のまま大人になった、通称「奇跡のバカ」

カラ松→ナルシスト、だが一番の常識人説あり

チョロ松→一番マトモな突っ込み役(本人申告は信用出来ないってそれ一番言われてるから)

一松→マイナス思考で根暗。猫好き(重要)

十四松→自由人。一番ギャグ的な描写が多い。

トド松→みんなのかわいい末弟♡お洒落とかわいいものには目が無く、自分がかわいくあることには全力!唯一スマホも持ってるし、誰よりも友達が多いし、登山とか囲碁とかもやっちゃってて、愛され系みたいな?

と言った感じです。色と性格で見分けが付くので、初見でも大丈夫!(なお筆者は見分け付くのに3週間かかった模様)

 

⑨ちなみに野球は

 

しないよ。

 

⑩ちなみに視聴済の人に対してのオススメポイントとかないの?

 

基本的に全部。内容をネタバレしない範囲で言うと、

本編中で伏せ音が付いていた「セッ○ス」は伏せられてません

ただし股間は隠しています。なんなの

既報の通り、六つ子の見た目がかなり異なります。序盤中盤はそれだけでめちゃくちゃ笑えます

今回も色んな作品のパロディはあります

ちゃんと過去シリーズを見直してるとくすっと笑えるシーンは多数あります

 

何にせよ、完全新規だとちょっとハードルが高く感じますが、人は誰だって最初はにわか、と言うハートウォーミングな気持ちで映画館に乗り込みましょう。

ちなみに映画を見るとコースターがもらえます。週によってもらえるものは変わるようなのでチェックやで。

 

と、長くなりましたがここまで人にごり押ししたくなるものもなかなかないっつーことで、とにかくみんな『えいがのおそ松さん』、見てくれよな!

いやほんと、全人類6回見て。今すぐにでも見た人と話してえよ……。

けものフレンズ2の9話が最高な訳ないでしょ、と言う話※追記でコメ返答

いやいや、9話が優しかったとか何を言ってるんですかね何とかさんは。

ん?うーん、誰のことでしょうね。

 

私はけものフレンズと言うIPは好きで、このIPの力を信じていて、あの優しい世界を見たくて、2にも期待していて。

と思ってるので一応最後までは見るつもりです。なんですけど。

 

あれはさぁ、だめでしょ。

 


f:id:DABEMI_ss:20190317174004j:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

結論から言っちゃいますと、9話は最低の、それもアニメ史に残るレベルの最低の作品だったと言わざるを得ないと思います。

自分がそう思った理由を順番に説明しますね。

 

1:とにかくストーリーが雑

前回檻に入れられていたはずのキュルルが、暗転したらなぜか檻が壊れてて座り込み。もうこの時点で説明不足

あとはアルマーセンちゃんが「場所を知らない」と言ってた割にちゃんと誘導できたこと、ストーリーの都合を背負ったせいか我が儘な言動のキュルル。

話がひとつひとつちゃんと区切り付いてないから、場面が切り替わっても話がだらけて何が起きてるのかさっぱり分からない。

なんのこっちゃ分からん、フォローも感動のエンディングも無いからまるで学芸会。いや、それ以下。金もらって作って良いもんじゃない。と思います。

 

2:キュルルがひどすぎる

ずっと思ってたけど性格悪すぎない?

イエイヌと遊んだ(遊んであげた)かと思えば、特になんの脈絡もなくカラカルのことを思い出して寂しそうにしたり、「外にはアイツ(ビースト)が出る」とさんざん忠告されてるのに勝手に飛び出したり。

しまいには自分の為に戦ってくれたイエイヌに感謝の言葉ひとつもなく「おうちにおかえり」ですって!

これでどう感動しろと?

キュルルが最初に感謝と謝罪の言葉を述べるべきはイエイヌでしょ。なんでそれをカラカルに?意味が分からない。

 

3:お粗末な考察要素

突然月がアップになって映るシーン。あれなんなの?みんな月に逃げたのかな?(名推理)

それから一番の謎はサーバルが野生解放してにらんだだけでビーストが退散したことかな。これは説明ありました?

なんかサーバルカラカルだけは無駄に強いみたいな設定引っ張ってますけど、設定だけは立派でそれを表現できてないんだよなと言う感想です。

 

4:やりたいことを詰め込んだ展開

カラカルとキュルルの仲を深めたかったんでしょうね。そこにイエイヌは必要でしたか?

ただのあてこすり、イヌなのに当て馬。誰かも言ってたけど、「私達ずっ友だから」をするための舞台装置に成り下がっています。

あとマジロコンビ、ダブルスフィアだっけ?は重要なところでご褒美もらわないんですね。へー。なんで?尺足りないから?

 

5:背景も美術もなんもかんも

なんかパース狂ってるっぽい家の中とか、なぜか移動する家具?とか、扉が開いてから音が鳴るシステムとか。

そんなにヤバいなら一回寝よう?ね?

 

とにかくひとつ言いたいのは

「こんなもの子供に見せるな!

です。

 

警告されたのに勝手に出て行く

心配をよそに自分がしたいことだけする

自分は何もせず味方に頼り切り

自分の為にボロボロになった仲間に礼も言わない

言われたままの言葉で家に帰るよう命令

これが主人公の行動なの?

子供に見せたら悪影響待った無しでしょ。

 

 

援護派の意見を一部みましたけど、

 

『キュルルだって最後の『おうちにおかえり』を言いにくそうにしてた』

→どこがだよ、言われてからキュルルがどれだけのスピードで言い返したか分かってんのか?

言いにくそうにするなら、一度言葉に詰まるとか、数秒迷ったような顔をするとか、せっかく帽子あるんだしサトシ先輩(ポケモン)みたいに帽子で顔を隠して涙を見せないようにしながら言うとか、もしくは「また遊びに来るね」とフォロー入れるか、

どれかにしないとだめでしょ。じゃなきゃキュルルは『イエイヌに言ってと言われたから、指示されたとおりに言ったようにしか見えない』と言う印象残すだけなんだから。

と言うか実際そう受け取られている人間が複数人いる時点で、どう言った思惑があったとしても失敗なんですよね。だって伝わってないんだから。

 

『これは人間のエゴを描いた作品』

→問題提起にもなってないレベルの技術と表現力を都合良く解釈するなよ。

エゴを描くにしても、すでに放棄されたはずのジャパリパークでそのような問題は適切か?と言う話です。

そもそもイエイヌは既にアニマルガール化(フレンズ化)しているわけで、つまり『イエイヌと言うフレンズ』なのならば他にも定義のしようがあるわけでしょ?

第一、ヒトがいつどうやっていなくなったかも分かってないのに、それを待ってるフレンズってのも結構難しくないです?そもそもキュルルのことをどっから聞きつけたかと言うことも解決してなくないです?

しかも結局解決して無くないです?『イヌがおうちで待ってるぞ!どうする?→イヌにまってもらおう!』まぬけか!

 

『ネガティブからは何も生まれない』

は?

知らないんですか地獄からじゃないと作品は生み出されないって言ってた天才がいるんですけどその子は本当に地獄にいることに関しては天才的でしかし自分と対等になろうとする『天才になりたかったパンピー』のおかげで(ry

はともかく、何をちゃんちゃらおかしいこと言ってんだろうなって話です。イエイヌに対するリスペクトひとつ感じ取れない内容を作っといて、これが傑作ですか?バグってんじゃない?

繰り返しになりますが、伝わってなきゃ失敗なんです。クリエイターは、自分のメッセージを作品に込めます。

受け手の意見が肯定的、否定的どちらに転ぶかは、確かに発表されてみないと分からない。けれど、今のようにあまりに大多数が否定的なのであれば、間違っているのは自分という考えになぜ至らないのか。

大層なテーマがあっても、素晴らしい主張があっても、見た側に伝わっていないのなら、その時点で失敗なんです。クリエイターはそれでお金をもらっているのだから。そのためにクリエイトしているんだから。

 

これも改めてになりますが、けものフレンズ2だから面白くないとネガキャンしてるわけじゃないです。

けものフレンズだろうとなかろうととにかく面白くないし、しかもあろうことか1のパクリや劣化版を出してきてるから切れてます。

これがけものフレンズのナンバリングじゃなきゃ見てないです、たぶん1話から見てないし、仮に見ててもとっくに切ってます。だって面白くないんだもん。

けれど見ないことには、けものフレンズとして、アニメとして面白くないものかどうか、はっきりと意見できませんので全話見てます。

と言うかこれ以上期待を裏切らないで欲しいんです。みんなが好きだった世界を壊さないで欲しい。願いはそれだけなんですけどね。

 

 

※追記※

さて。このブログもそれなりのPVを戴きまして、私の主張や思いは伝わったかなと思います。が、


f:id:DABEMI_ss:20190317083548j:image

 

と言う質問がありました。コメントで返答しようかと思ったのですが、こちらでの返答を失礼します。

本来であれば、私も他人の感想や解釈に藪蛇を入れるべきではありませんし、それは望むところではありません。(なので、直接その人の前に行って「お前は間違ってる!」などと言うつもりもありません)

しかし、今回の場合は結論が間違っているので指摘する意図があります。

過程に対しても実質『イエイヌちゃんヤンデレ可愛い』でしか進んでおらず、イエイヌのキャラクターを表層でしかなぞっていないことは明白です。

また何とかさん(あくまで名前は出さずに行きますが)はキュルルが感謝しなかったのは計算の内としていましたが、果たしてそうでしょうか。

感謝のワードはその後カラカルにも言ってますし、4話のラッキービーストにも言ってますし、感謝そのものが出来ないわけではないはずです。というかあの場面でイエイヌに感謝を述べない意図や理由が、あの記事の内容だけでは納得できませんでした。

であれば、せめてイエイヌを無視して談笑するシーンをカットする、出来ないにしても音をオフするなど、

キュルルが周りに感謝やプラスの意見を持たないようにしなければ、必然イエイヌへの扱いの悪さが浮き彫りになり、視聴者から反感が出るのは当然と思うのですが、いかがでしょう?

あくまでイエイヌへのフォーカスしかせず、キュルルの9話内での立ち居振る舞いを全て無視して9話を優しい世界と断定するのは無理筋では。

けものフレンズ2について本気出して考えてみたよ、後で答え合わせ→ひとつも合ってなくて、私氏激怒

f:id:DABEMI_ss:20190213114300j:image

うちらは一体何を見せられてるんや(5話までの感想)

 

監督降板、オーディションのプロフィール記載や台本盗用、ぱずるごっこの音楽不正利用(※結局不正じゃなかった)などなど、始まる前からめちゃくちゃに荒れていたけものフレンズ2ですが。

遂に5話であの方が戻ってきました。そう、かばんちゃんです。

 


f:id:DABEMI_ss:20190213114228j:image

 

ん?

 


f:id:DABEMI_ss:20190213114244j:image

かばんちゃん……?

 


f:id:DABEMI_ss:20190213114319j:image

 

え?

 


f:id:DABEMI_ss:20190213114332j:image

 

だーれー?(カバ風)

 

 

今までのけもフレファンはみんなケムリクサに行ったとか言われてますけど、まだあんまケムリクサにもハマれてなくて。

私はね、あのけものフレンズの続きが見たかったんだよ、と思いながら願いも込めて視聴してます。

(ほんとは5話で止めようかと悩んでたんだけど、これは最後まで見る必要がありそうなので最後までは見ますよ) 

……で、まあたつき云々除いてもけもフレ2に色々な問題があるんで、そこを考えてみました。これさえクリアしていれば何も起きなかったのに……。

 

 

1:ストーリーが1期(前作)の焼き回し、それも劣化している

ゴリラ回とかはもう『へいげん』と大まかな流れが一緒。(日々争っているフレンズ達、長は威厳があるが実は裏では温厚、ヒトが戦闘以外のルールを考案する)

しかも前に比べれば『キャラクターの魅力が半減している』ようにしか見えない。同じ尺を使っているはずなのに、長々とキュルルにヒトの恐ろしさを見せて欲しいうんぬん頼んで、肝心なフレンズ達の特性はせいぜいゴリラの「気が弱い」と言うところを見せたくらい。これがみんなの好きだったけもフレ

火中の栗を拾ったスタッフはすばらしいと思うけど、これはどうなんだろうか。たつきに縋るしかない、とか言われても仕方がないだろと思った。

それからおうち回のアリツカゲラが物件を紹介する流れは、前期のろっじのお部屋紹介からさらに劣化(場所の良さを話すだけどころか、相手がどんなフレンズか理解している上で絶対に選びそうにない場所を案内するとか)しているのはちょっとがっかり。

何か見つける→すっごーい→フレンズの紹介→困ったことが起きる→キュルルがなんかする→解決する

流れは前期と一緒のはずなのに、なぜか薄い。目的がないから?会話に妙がないから?

(※ニコ動の解説動画にて、『キュルルの解決ありきで問題のあるフレンズを出しているから』と言う趣旨の内容を発見。その通りだと思います。キャラが脚本にゆがめられている悪例)

 

いや、勿論だが。たつきが全部出来てた、1が全部すばらしかったかと言われればそうじゃなかった。

唐突に出てくるじゃぱりまん、細かく説明されない『ラッキービースト』や『ジャパリパーク』。先代以前のぺぱぷの説明不足。謎の人物ミライさんや、バスは知らないのにまほう!を知っているジャガーなど、設定やストーリーでの突っ込みどころは確かに多い。でも誰も粗探ししなかった。なぜか、それはけものフレンズが優しい世界だったから。ヒトによって得意なことちがう、と相手を否定せずにちゃんと受け止める優しい世界だったからだ。

結局ジャパリコインが何に使われるのかとか、ツチノコがなんであんなテンション上がったのかも説明が無いわけだし。でも誰もつっこまず考察を続けていた。旧アプリ版(ネクソン版とも)との因果関係なども見たかったからだろうか?

 

2:↑を踏まえた上で1見なくても大丈夫発言

プロデューサーさんが「けもフレ2は1を見てなくても見られるように作ってます」と言ってたそうです。いや、どこがだよ……。というところも含めて問題。

けもフレ1はたつきが勝手に作った作品だからみなくていいよと言う意味にも聞こえる気がしてしまうのは考えすぎか。

と言うかシリーズナンバリングで「前作見てなくても大丈夫」と言うような趣旨のことはなかなか言えなくない?結局前作見ておけば良かった……となることの方が多いし。

だったらサーバル出す必要なくない?もっと言うとかばんさん出す必要なくない?どうぶつビスケットのメンバーも固定する必要なくない?センちゃんとアルマーの声優が前作のアラフェネである必要なくない?今回は曲の提供もしてないみゆはんにコウモリ役させる必要なくない?

前作からの続投キャラ出して前作ファンを取り込もうと言う姿勢見せといて「前作見なくても大丈夫」はおかしくない?

このへんもやもやするんだよなぁ……。(なおダンガンロンパ)

ついでに、次回予告のメンバーも1からの登場フレンズだったりする。2から見た人訳分からんぞ。なんでアルパカがカフェやってんのかとか説明いるぞ。

 

3:世界がぎすぎすしている

ずっとぎすぎすしてるのは何でなの?

カラカルが「あんたなんか」「あんたみたいに」のように突き放すような口振りを言ったり、レッサーパンダは「私なんか……」とすぐネガってみたり。と思えばイルカ達は「ご褒美くれなきゃ返さない」と現金な面を見せる。ほんとの愛どこ……ここ……?

あとヒョウExの「どうせここには登られへんのやろー!」って煽り方もなんか怖い。ふつうの喧嘩じゃん……もうけもフレじゃなくていいじゃん……、なんならヒョウである必要ないじゃん。

キャラに罪はない、けもフレに罪はない……あるとしたら脚本。

 

4:とにかく台詞がいちいち説明調

たとえばカルガモの「私、団体行動には厳しいんです!」と言う台詞。

一見それだけだと何も思わない台詞。

だけど、フレンズがわざわざそんなこと説明するだろうか?と考えてしまった。いや、説明するのかもしれないけどさ?あまりにも説明口調すぎて笑いました。その前の台詞が「前を見て歩かないとあぶないでしょ!」と言う旨なのでますますちぐはぐ。

こう言うの、前作だとボスがやってたけど、同じ構図を使いたくなかったのか、はたまた使えなかったのか……。

 

カラカル「あの子、ほんっとみんなで一緒にってことにこだわるのよねぇ……」

カルガモ「こらー!(ぴぴー!)勝手におしゃべりしない、ちゃんと守ってください!」

みたいな流れでならまあ分かる。と言うか、初対面の人間に突然団体行動を守らせようとするの、控えめに言ってもサイコじゃない?

とにかく助長と言うか何というか。

 

5:解説のおにいさん・おねえさんがいない

動物園コラボを積極的に行っているけもフレ。前作の成功のひとつに、『実際に動物園で飼育している飼育係や、保護団体の方々の解説』があったことが挙げられます。

なぜかって言うと、これをきっかけに「あの解説のヒトに会いに行こう」と言う層が一定数いたんですよね。特に初回でサーバルの解説をしたしんざきおにいさん「若干ゃ草」「ジャンプ力ぅ……ですかね」は大ブレイク(※ちゃんとしたインタビューを尺に合わせて雑編集したらああなったらしい)し、実際にしんざきおにいさんに会いに行くヒトや、ニコニコ等のコラボでしんざきおにいさんが解説する場面が生まれたりした訳でして……。

 

(他だとグレ爺こと『二次元に恋したペンギン』グレープ君関連で、東武動物公園飼育員のYMDことやまだおにいさんが有名になったりした。詳細はグレープ君で検索。なお、グレープ君は史上初のWikipediaに単項目を持つフンボルトペンギンである)

 

6:偽りの動物ファースト

たつきを下ろした理由は動物ファーストに背くからだったとどっかで聞きました。

「パンダのしっぽの色が違う」「カルガモの配色が違う」「飼育下のイルカ達を下げるような描き方をする」「丸まらないはずのオオアルマジロが丸まる」「ゴリラのドラミングは手がパー」

動物ファースト……とは?

 

7:そもそも面白くない

たつきの降板、オーディション問題、監督の前歴云々、大人の事情全部抜いても、単純にひとつの作品として面白くない。

(ニコ動の5話解説動画見ながら「確かに……」と思った)

1そっちのけで2だけでも見られるように作ったと言ってたが2単体で見て面白くない。

何もかもが唐突に始まり、脈絡なくヒトの力を誉め、終わる。意味が分からない。それが今作の問題点なのではないか。

1を上げるために2を落とすとかじゃなくて、けものフレンズ2として、単体のアニメとして面白くないってすごい問題じゃないか?

 

 

とまあこんだけ書いたらただのネガ記事になって『これだから1期原理主義者は』的な感じになってしまうので、それはなんかなぁと思って疑問点をまとめます。

 

 

○疑問1:前作と今作のフレンズの様子が違うのはなぜ?

前作は『ヒトになったケモノ』、今作は『ケモノのかぶりものしたヒト』と呼ばれるほど雰囲気が違う。違いすぎる。なぜか?

多くの考察で見るのが、「今作はケモノとヒトの絆について描きたいのでは?」と言う意見(だとしたらこんなにギスギスする必要ない気がする)。

つまり、ヒトによって変わった、飼育個体や愛玩個体の話なのでは?と言う意見である。ま、サーバルカラカルを飼ってるおうちもありますしね?

ジャパリパークが元々『フレンズ達と楽しめるテーマパーク』だったことを鑑みれば、やや疑問が湧くところではあるけれども………まあそれはそれ。

なんかサーバルも「すっごーい!」無双したり、かと思えばぜんぜんIQしっかりしてたりブレてるが、それも成長なのかもしれない。

なーばりとかきのう”ぉりとか言わなくなっておねえさん寂しいよ。

 

○疑問2:キュルルが『ヒトであること』に拘るのはなぜ?

僕はフレンズじゃなくて、ヒトです。と毎回訂正するキュルル。だが、本当にヒトなのか?

『わざわざヒトだと言う』『腹の音とされたキュルルと言う音は人体で出せる音ではない』『不自然なオッドアイ』などなど、ヒトかどうかも怪しい。むしろ、『ラッキービーストのフレンズ化』と言われた方がまだ信じられるレベルである。ヒトの叡智タイムもなんかゆがんでる辺り、彼女はヒトではないのだろう。

 

○疑問3:5話ラストらへんのアムールトラはなんなの?

これはすんません、私も分かってなかったんだけど。旧アプリ版の中にガオガオ病と言う単語が出てくるらしいです。

これは、かかったフレンズが元の動物の声しか出せなくなる病気。進行すると思考能力や挙動もケモノに近付き、果てには記憶すら失いケモノレベルまで戻ってしまうと言うことのようでした。

なので、おそらくこのアムールトラはガオガオ病に感染した個体である可能性が高いです。旧アプリ版とのつながりを見せてくるとは……これもしかして旧アプリ版復活ある?あったらやりたい……(ない)(ダベミはけもフレリメンバーを応援しています)

 

なおこれを使うと、サーバルがかばんさんを忘れている理由を説明することも出来ます。つまり、サーバルは一度ガオガオ病を発病し、記憶を失っていると言う可能性があると言うことです。6話以降の進み方にもよりますけど、そこでちゃんとしたストーリーに戻られてもじゃあ今までの茶番は……と悲しくなりそう……。

 

○疑問4:あれはかばんちゃんなの?

今のところあれはかばんちゃんじゃないと私は思ってます。

可能性があるとすれば『かばんちゃんを名乗る別な人物(サーバルに対する旧アプリ版のセーバル)』もしくは『1期12話でフレンズ化が解けたことにより表面化した、かばんの元になった人物(ミライさん?)』かなと。

一応『フレンズ化が解けたことによって成長したかばん本人』と言う説も捨てきれないんですけど、それだとあそこで燃える紙飛行機を投げるのかなぁ……と言うのが気になるとこ。

 

○疑問5:ラッキービーストがフレンズとふつうに会話してるのはなぜ?

前作では「パークの緊急事態にだけ、フレンズと直接会話する」と言う描写がありまして、今回もフレンズとは直で会話してないらしいです。どう見てもしてるんだけど。

うーん。だとしたらカラカルがフレンズじゃない、とかそう言う話になってしまう……なんなんだ……?

 

○疑問6:センちゃんアルマーのボス、あの方って誰?

これは今のところイエイヌ説がありますね。キュルルのことを待っているイエイヌ(秋田犬)の可能性が示唆されていますが、まだヒントが足りなさすぎるかなと。

 

 

とまあながながごめんなさい。ほぼネガキャンみたいな感じで見てるヒトがいらいらしたかもしれませんが、私はあのほのぼのした、のけものにされない、ギスギスしてないけものフレンズの2期が見たかった。その無念たるやすさまじく、今回の記事を書き上げるに至りました。

(※今後、加筆修正される可能性があります。また、けものフレンズのことは大好きで、今回の2を作ってくれたスタッフのみなさんにも感謝してもしきれないけれど、だからこそ納得行かない部分を書きました)

5話6話は荒れるそうなので、これからの展開を恐怖しながら待ってみたいと思います。それでは。

 

◆↓ここから6話視聴後の追記。また各話の全面的ネタバレを含みます。

 

と言う、まあ、うん、自分の中では表現や怒りを比較的マイルドに収めた方でした。

でももう無理。

今すぐ即刻けものフレンズ2なんて無かったことにしてほしい。もしくはけものフレンズ2は1とは完全に別時空の世界だったと思いたい。あんなものがけものフレンズのアニメシリーズの続きだなんて認めるくらいなら、もう古参厨でもアンチでもいい。

 

6話視聴後の率直な感想は、虚無でした。面白いともつまらないとも言えない、完全な虚無。もう何の感情も湧かない状態。けものフレンズそのものに対して、「ああ、もうけもフレは終わったんだな」と思いました。しかも、こんなに理不尽な形で。

 

(似たように1期が熱狂的/2期が落ち着いた例としておそ松さんも『終わった』とか言われるけど、終わったコンテンツなら今更映画化なんてなりませんし、むしろ作品側は『これギャグアニメやぞ、目ぇ覚ませ』のスタンスでいたことで過激派が落ち着いた印象さえあります。関連作品は未だに売れ続けてますし、勢いが落ちたとは言え、全体が終わったと言うには余りに早計です。ところで君はどの松好き?僕はチョロ松)

 

でそこから時間が経つにつれてどんどん沸き上がる怒り。けもフレ制作陣のけもフレに対するリスペクトの低さ。クリエイターとして、あるいは金の動くコンテンツを見越していたプロジェクトとして恥ずべきです。

とりあえず下の記事も読んでみてください。

 

「けものフレンズ2」今後かばんの再登場は? 木村監督&ますもとたくや氏に聞いてみた【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

 

いや、いやだから。あの内容で2だけ見て理解することは不可能でしょ。今までの話で、2のみの知識で視聴に問題ないヒトいたの?いるなら教えてほしいわ……。というかあんだけすり寄っといて2だけで大丈夫とかマジ正気?頭フットーしてません?

もしかして1見てほしくないの?ああ、だからかばんの一人称の変更とかしたんだ?感じ取りたくなかったわ。100歩譲ってミライさん風に成長したから一人称もミライさんに寄せた、と言うことだとしたら、それは作中でにおわせるべきで視聴者に考えさせることじゃないし、2から見た人はそもミライさん知らないんだから分かるはずありません。

というか、サーバルとかばんの過去に関するものが、回想やモノローグのひとつとて入らないから、新規層だとふたりの関係を察することすら困難なんですよね。

最後の「サーバルが前に言ってた、一緒に旅したとか言う変なフレンズ」と言うカラカルの言葉から二人の関係を察せ、と言うのはかなり無理がある(少なくとも1のような信頼関係が合ったかどうかはわからない)ですし、初対面でしかも自分達に情報を与えてくれた相手を変呼ばわりって辺り程度が知れます。

説明口調が激しいのに説明不足とか言う、アニメとか関係なくクソな構図です。

ついでに、まだかばん登場させるつもりっぽい口振りなのが許されるなら首絞めたいレベルで怒りを呼ぶところですね。茶番しか作れないくせに、これ以上かばんに触らないでほしい。

 

それからまたありましたよ、脚本のために、キュルルの為に、はかせ・じょしゅはバカになりました。

そりゃ2しか見てない人はいいでしょうね、はかせとじょしゅの存在の意味も大きく捉えることはないし、何より自分達から調べてたのに海底火山を知らないマヌケを晒したことも『キャラの個性』として理解してもらえるんでしょうから。

でも違いますよね?はかせもじょしゅも、文字が読めるからこそ研究に従事しているわけで、ましてや海底火山について書かれてた本はキュルルの持ち物と言うわけでもない。IQが高いふりしたいのか、それとも低いふりしたいのか、そろそろ一貫性持っていただいてもいいですかね。

あとふくろうなのに飛んでるシーンで羽ばたきのSEはおかしいですね。誰も最終チェックで止めなかったんですか?バイト雇ったら?

 

それと、ビーストの存在ね。

けものはいても、のけものはいないんじゃなかったの?

明確に『フレンズの形をした敵』を作ってしまった。考え得る一番の悪手。なんでこんなことしたの?それならガオガオ病の方がまだ納得行ったのに、と思ってしまう。だって敵だし、倒すんだよ?ケモノ同士戦うんだよ?それはもうさ、違うじゃん。

へいげんでも確かに戦ってたけど、捕食者と餌みたいな関係でもなく、ただなーばり争いしてただけだし。それに互いにけが人すら出てない状態だった。

まるでⅩⅢ機関に出会った時のプレイヤーみたいな気分だぁ……。(KHファンのみなさまごめんなさい)

それともアレもやっぱり1の話だから別?だとしたらみんなが求めてたけもフレはこんなんじゃないから、マーケティングやり直した方がいいですよ。

 

ただそれでも声優さんの演技はここ一番で完璧すぎて、ラストのかばん(内田さん)の「……そうだね」「あの子のこと、宜しくね」なんてもうさぁ、百合。最高。最&高。あそこで豚汁食える。

あと「やみつきになるのです」とか最高だし、かばんさんは普通にイケメンだけど、なんで「かばん……って、呼ばれてる」ってセリフなのかは意味不明。それならストレートに「みんなからはかばん、って呼ばれてるんだ」でいいじゃん?サーバルと過去縁が合ったから名前いったら分かるかな的なこと?でもそれだったら1見てなきゃ伝わらないうぎゃーーーーーー!!!!

 

以上です。

けもフレの最後を見届けるため、(大逆転は無理にしても)何らかの逆転を期待して、最後までは見ることにします。ファンってたぶん、そういうことだから。

「一番面白いお笑い芸人は誰か?」と言う永遠の命題

トーシロでも見分けつかんのにプロの採点なんかじゃまして納得行かないよねって話。

 

たまーにネットに上がりますよね、この手の話題。

本当に面白いお笑い芸人は誰か?

あのね、これは言わなきゃいけない。みんながその気持ちを持たなきゃいけない、んだけど、普段誰も言わない。みんな知ってると思ってるからです。

それでもあえて言葉にするなら「それは好みだから正解はない」

 

でもさ。

日本人なのかな。人間ってさ。ランキングとか好きじゃん。

だからさ。やるじゃん。

つい今日もみましたよ。『歴代M-1グランプリ優勝者で一番面白いのは?』って言うの。

 

ちなみに、全くそんなの見るつもりない方の為に報告すると、トップはサンドウィッチマンでした。

まあ、当たり前だよねと言う感想しか無かったっすけど。

 

『好き』と『面白い』は別なので、私も一番面白い芸人は(少なくとも、現在も現役バリバリでよくネタを見る芸人の中では───大御所クラスだと北海道はなかなかネタを見る機会がないと言う部分を加味しても)サンドウィッチマンだと確信してます。

 

だけどこの10年ほど、私が一番好きな芸人はロッチ。そこを譲るつもりはないです。

ま、ロッチが面白い面白くない議論を始めるとこれもまた個人の裁量になるのであまり踏み込めないところもあるんですけど、

最初期:自殺しようとする兄弟のネタみたいなややブラックなmでもうんこ踏んでるやんで出演後、サバンナでうんこ踏んでるやん、車に轢かれるのショートネタから、10分以上あるロングまで多彩にこなすが知名度ほぼゼロ

初期:カツ丼、催眠術のような競技用のネタも出来ることが判明。なお二本目 知名度はそこそこだけど人気はない。現実は非情

中期:ちょっと仕事減ってやばいと焦りだしペットトリマーにジョブチェンジしようと画策していた中岡がイッテQでブレイクした(雑解説)、その頃コカドは舞台に出ていた(雑解説)

現在:子供人気ナンバーワンとか言うくっそうさんくさい肩書き持ち

と言うすごい波乱万丈な人達なので今後も見てて楽しいと思います。はい。